愛知eスポーツ連合、名古屋にて eスポーツ企業対抗戦 開催のお知らせ(2月10日)

愛知eスポーツ連合、名古屋にて eスポーツ企業対抗戦 開催のお知らせ(2月10日)

一般社団法人 愛知eスポーツ連合

 一般社団法人 愛知eスポーツ連合は、愛知 名古屋を中心とする地域の企業・団体を対象に、eスポーツの新たな可能性を体験するイベントを 2020年2月10日(月)に 名古屋市内にて開催いたします。 eスポーツの企業対抗大会を通して、eスポーツに携わっている、携わろうとしている人と企業同士が知り合うことを目的としています。

■本イベント開催の背景

 世界で1,200億円に達すると言われるeスポーツ市場は、国内でも急速に発展をみせています。
 「アジア競技大会2026年愛知・名古屋」の開催をひかえるこの地で、愛知eスポーツ連合は、eスポーツの本業への活用を模索する企業、eスポーツ関連ビジネスへの参入を検討している企業を対象とした、企業同士のマッチング機会の創出、eスポーツを通じたビジネスコミュニティの形成を目的とした活動を続けております。

 その第四回の活動として、下記 イベントを開催いたします。

 愛知名古屋eスポーツ研究会は、2019年11月・2020年1月の大村愛知県知事ならびに国内外のeスポーツビジネス トップランナーをお招きしてのビジネス研究会、2019年8月・12月のeスポーツ企業対抗戦(ウイニングイレブン、ストリートファイターⅡ’)に続く開催となります。

■「第四回 愛知名古屋 eスポーツ研究会」概要

日 時:2020年2月10日(月)18:00〜21:30(17:30開場)
 〔第1部 説明会〕18:00 ~ 18:30
 〔第2部 対抗戦〕18:30 ~ 20:00
 〔第3部 懇親会〕20:00 〜 21:30

場 所:コミュファ eSports Stadium NAGOYA
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目29−1 名古屋パルコ東館 7F

定 員:最大80名 事前登録制
 eスポーツに携わる企業・団体の方、eスポーツに携わろうとしている企業・団体の方、eスポーツに興味・関心がある企業・団体の方など

主 催:一般社団法人 愛知eスポーツ連合
協 力:中部テレコミュニケーション 株式会社(ctc)

〔第1部〕eスポーツ概況説明会(過去研究会の振り返り)

・愛知名古屋eスポーツ研究会に初めて参加される方を対象に、eスポーツを取り巻くビジネス環境、愛知eスポーツ連合のこれまでの活動概要について説明いたします。

 登壇者: 愛知eスポーツ連合 代表理事 片桐正大

〔第2部〕eスポーツ企業対抗戦

・国内eスポーツタイトル「ぷよぷよeスポーツ」を採用し、参加企業の代表者によるeスポーツ大会を開催いたします。各社世代を超えた真剣勝負を楽しみながら、企業間の交流とコミュニティ形成を促進します。

・使用ゲームタイトル「ぷよぷよeスポーツ」

【対戦ルール】

・事前応募企業から1チーム2名(当日変更可能、各社複数チーム応募可)による、
純正コントローラを使用した「2本先取 × 2試合」の予選リーグ戦(勝ち点方式)と、リーグ勝ち抜けチームによる「2本先取 × 3試合」の決勝トーナメント戦。

・予選リーグにおいて2試合の結果、1勝1敗のとき、45歳以上または女性の参加者を含むチームの勝利とする。互いに含む もしくは含まない場合は、引き分けとする。
(予選リーグは、勝利3点・引分1点・敗北0点の勝ち点方式とする)
(決勝トーナメントは、チーム代表者による3戦目を行う)

・PlayStation4用ゲームソフト『ぷよぷよeスポーツ』を使用。

・参加企業数は応募状況により変更。最大16社を予定。

▼2/10(月) 研究会への参加お申し込み

イベントへのお申込みは、以下フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/WMZv4txQ15eebyQB6

 ※当日会場には操作ガイド・「連鎖の組み方」ガイドをご用意いたします。
お気軽にご参加いただき、当日は「ぷよぷよ」をどうぞお楽しみください。

 ※1名様でのご参加も、お気軽にお申し込みください。
事務局により当日他の参加者とチーム組成のお繋ぎをいたします。

 ※本イベントは事前登録制です。
本イベントは愛知eスポーツ連合 賛助会員企業様とそのご検討を頂いている企業様を対象としたイベントです。eスポーツ関連ビジネスへの参入を検討している企業様などでご参加ご希望の方は、上記フォームよりお早めにお問い合わせください。
 ※愛知eスポーツ連合 賛助会員企業 ご所属の方は 優先登録がございます。

 ※個人・一般の方からのお申し込みはお断りさせていただきます。予めご了承ください。

 ※お席に限りがございます。ご参加の際はお早めにお申し込みください。
ご質問・ご相談は運営事務局まで お気軽にご連絡ください。


■過去の愛知名古屋eスポーツ研究会について

【第一回 eスポーツ研究会(ビジネスセミナー)】

11/1(金)開催の第1回愛知名古屋 eスポーツ研究会では、開催に際し、愛知eスポーツ連合 名誉顧問 大村 秀章 愛知県知事に開会のご挨拶を頂戴しました。

また、株式会社カプコン 荒木 重則 様より、アメリカを中心に世界中で開催している自社タイトル国際大会の現状や、オリンピック競技化の可能性、今後の国内・アジア展開の展望など、豊富な映像資料をもとにご紹介いただきました。

株式会社おやつカンパニー 高口 裕之 様ならびに サッポロビール株式会社 福吉 敬 様からは、両社が共にチームパートナーとして参画するeスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」での取り組みを中心に、ナショナルクライアントのブランド・マーケティングご責任者のお立場から、ミレニアル世代を取り込むeスポーツの可能性について議論が展開されました。

[登壇者一覧]※役職は当時

1.名誉顧問 挨拶
登壇者: 愛知県知事 大村 秀章 様

2.世界的 eスポーツ×ビジネスの先進事例のご紹介
登壇者: 株式会社カプコン 常務執行役員 経営戦略室室長
CAPCOM CO., LTD. Capcom U.S.A., Inc. 取締役
Capcom Entertainment Europe, LTD. 取締役 eスポーツ戦略担当
荒木 重則 様

3.当地域および国内 eスポーツ×ビジネスの先進事例のご紹介
登壇者: 株式会社おやつカンパニー 取締役 専務執行役員
マーケティング本部長
高口 裕之 様

              サッポロビール株式会社
               マーケティング開発部 メディア統括グループ
               シニア メディア プランニング マネージャー
               福吉 敬 様

[第一回研究会 開催概要]
開催日時:2019年11月1日(金)16:00〜19:30
開催場所:CBC会館 6階

主 催:一般社団法人 愛知eスポーツ連合
協 力:株式会社 CBCテレビ

【第二回 eスポーツ研究会(企業対抗戦)】

「第二回愛知名古屋 eスポーツ研究会」は、eスポーツタイトル「ストリートファイターII’」を株式会社カプコンの協力のもと採用。愛知・名古屋を中心とする企業の代表者によるeスポーツ大会を開催しました。
当初の募集を上回る応募を受けて、合計20チーム、観客を含め約90名が参加。参加者は緊張の面持ちでしたが、開会後、会場内から激励の拍手が起こると、笑みもこぼれ、和やかムードのなか大会がスタートしました。アーケードコントローラーを両手に握り、業種や世代を越えて参加者・観客ともに大盛り上がりを見せました。

激戦の様子は、EVO Japan 2019 3位入賞をはじめ、愛知県を拠点に活躍するストリートファイターV JeSUプロライセンス所持者のパウエル氏が解説。
そして今回、全20チームの激戦を見事制し「中部テレコミュニケーション株式会社(ctc)」が優勝の座に輝きました。表彰式では、上位入賞チームとパウエル選手で「昇龍拳」のポーズで記念撮影。参加者への大歓声に包まれて閉会を迎えました。

[第2回研究会 開催概要]
日 時:2019年12月4日(水) 18:00〜21:30
場 所:株式会社 コミュニティネットワークセンター(CNCI)

使用タイトル:「ストリートファイターII’ (ストリートファイターII ダッシュ)」
©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

主 催:一般社団法人 愛知eスポーツ連合
協 力:株式会社 コミュニティネットワークセンター(CNCI)
協 力:株式会社 カプコン

【第三回 eスポーツ研究会(ビジネスセミナー)】

 1/16(木)開催の第三回愛知名古屋eスポーツ研究会では、eスポーツコンテンツのメディア・イベント活用を中心に、eスポーツコンテンツの集客・収益化について国内外のトップランナーにご登壇いただきました。

 株式会社CyberZ 大友 真吾 様より、eスポーツを新たなエンタテイメント産業として位置づけ、観戦者の増加に着目するRAGEブランド戦略を解説。ファンとコンテンツを創り・育て、eスポーツの視聴体験を習慣化させる多くの先行事例をご紹介いただきました。

 中部テレコミュニケーション株式会社 坂上 友康 様からは、昨年11月開業の「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」を紹介。新規事業としてeスポーツに着目した経緯から、着実に固定ファンを増やす施設運営まで、課題感と豊富なデータをもとに解説頂きました。 中部テレコミュニケーション株式会社 坂上 友康 様からは、昨年11月開業の「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」を紹介。新規事業としてeスポーツに着目した経緯から、着実に固定ファンを増やす施設運営まで、課題感と豊富なデータをもとに解説頂きました。

 愛知国際会議展示場株式会社 山本 茂 様からは、昨年こけら落としイベント「AICHI IMPACT! 2019」や「レインボーシックス シージ」世界大会決勝戦の誘致したなど、eスポーツ活用に積極的な愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)の事例を紹介。昨年8月以降の開業3ヶ月で283,000人の来場者を迎えた好調な施設運営と、2020年以降の展望を解説いただきました。

[登壇者一覧]※役職は当時

1.国内 eスポーツ×ビジネスの先進事例のご紹介
テーマ①: 国内 eスポーツビジネス最前線
〜CyberZが手掛けるRAGEブランド展開について〜

登壇者: 株式会社CyberZ 取締役
     eスポーツ事業管轄 RAGE 総合プロデューサー
     PLAYHERA JAPAN株式会社 代表取締役社長
     大友 真吾 様

2.当地域 eスポーツ×ビジネスの先進事例のご紹介
テーマ②: 中部地域のeスポーツシーンにおけるctcの取り組み
〜中部地域初! “ハイスペック“eスポーツ施設
「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」〜

登壇者: 中部テレコミュニケーション株式会社
     経営戦略本部 技術戦略部長
     坂上 友康 様

テーマ③: eスポーツベニューとしてのAichi Sky Expo
〜最先端国際展示場 × eスポーツの可能性〜

登壇者: 愛知国際会議展示場株式会社
     セールスマネジャー
     山本 茂 様

[第三回研究会 開催概要]
開催日時:2020年1月16日(木)17:00〜21:00
開催場所:名古屋テレビ放送 株式会社

主 催:一般社団法人 愛知eスポーツ連合
協 力:名古屋テレビ放送 株式会社


■愛知eスポーツ連合について

 愛知eスポーツ連合は「愛知・名古屋を中心とする地域においてeスポーツを統括し その普及振興を通して 経済社会の発展に寄与する」ことを目指し、2018年2月に 前身の愛知県eスポーツ協会から名称変更し、一般社団法人 日本eスポーツ連合(JeSU)の地方支部認定をうけました。

 さらに2019年10月10日に一般社団法人化し、「アジア競技大会2026年愛知・名古屋」の開催をひかえるこの地域において、その種目としての採用が有力な「eスポーツ」とそれをとりまく経済の可能性をお伝えすることで、地域経済発展への寄与を目指してまいります。

[愛知eスポーツ連合 組織体制](2020年1月時点)

名誉顧問:
 大村 秀章 愛知県知事
 河村 たかし 名古屋市長
 鈴木 英敬 三重県知事

顧問:
 寺西 むつみ 愛知県議会議員
 横井 利明 名古屋市会議員

理事:
 片桐 正大 代表理事

▼2/10(月) 研究会への参加お申し込み

イベントへのお申込みは、以下フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/WMZv4txQ15eebyQB6

 ※1名様でのご参加も、お気軽にお申し込みください。
スタッフにより当日他の参加者とチーム組成のお繋ぎをいたします。
 ※お席に限りがございます。ご参加の際はお早めにお申し込みください。

 ご質問・ご相談は運営事務局まで お気軽にご連絡ください。

本件に関するお問い合わせ:

一般社団法人 愛知eスポーツ連合 事務局(阿部)MAIL: media@nagoyaoja.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です