NASEF JAPAN MAJOR Rocket League Tournament Summer 2021東海大会開催のお知らせ

NASEF JAPAN MAJOR Rocket League Tournament Summer 2021東海大会開催のお知らせ

東海4県高校生No.1決定戦が開催!大会優勝者は9月18日(土)全国大会出場権を獲得!東海大会アンバサダーにはロケットリーグアジアチャンピオンReaLize選手が就任!

一般社団法人愛知eスポーツ連合(所在地:愛知県名古屋市)は、高校生を対象にしたeスポーツ大会「NASEF JAPAN MAJOR Rocket League(ロケットリーグ)Tournament Summer 2021東海大会」を開催することを発表します。尚、東海大会アンバサダーには東京ヴェルディeスポーツ所属ReaLize選手が就任します。また、当大会優勝者は9月18日(土)に行われる全国大会出場権を獲得します。

競技タイトルはロケットリーグ。チームメンバー同士でコミュニケーションを図りながら、切磋琢磨し技を磨いて強くなります。PCだけでなく、全てのプラットフォームで参加が可能です。出場資格は東海地方(愛知、三重、岐阜、静岡)の高校生であること。同じ学校のメンバー、もしくは同一都道府県内にある学校に通う3人一組でご応募ください。

【大会概要】

■大会名称

NASEF JAPAN MAJOR Rocket League (ロケットリーグ) Tournament Summer 2021東海大会

■主催

NASEF JAPAN(ナセフ ジャパン)

愛知eスポーツ連合

■タイトル

Rocket League(ロケットリーグ)

<PC、PS4、PS5、XBOX One、XBOX X/S、Nintendo Switch版のいずれかにて参加可能>

■日程(すべてオンライン)

・エントリー期間:2021年7月12日(月)~ 8月31日(火)

・東海大会実施日:2021年9月4日  (土)

・東海大会予備日:2021年9月5日(日)

■参加資格

・東海4県(愛知、三重、岐阜、静岡)の高校生、定時制高校生、高等専門学校生(3 年生まで)、通信制高等学校生

・同一の学校、もしくは同一都道府県内にある他の学校に通う高校生3人一組。

※他の都道府県の学校の生徒とチームを組むことはできません。

※居住地は同一都道府県内でなくても可

・Discordを使用してNASEF JAPAN大会運営からの連絡が受け取れること

■参加費用

無料

■対戦人数

ロケットリーグ:3人 vs 3人

■競技形式

シングルエリミネーション(トーナメント形式)

■大会日程の詳細および参加申込方法について

下記URLよりご確認ください。

■【Rocket League(ロケットリーグ)について】

『Rocket League (ロケットリーグ)』は、レースゲームとサッカーゲームが融合したこれまでにない新しいスポーツゲームとして、世界で大ブーム中の作品です。プレイヤーはジャンプやロケット飛行ができる車「バトルカー」を操作し、相手チームのゴールにボールをシュートし、制限時間内により多くのゴールを決めたチームが勝利します。サッカーに近いルールですが、オフサイド等の難しいルールを省きシンプルなルールであることから、初めて観戦する人でも楽しめるタイトルです。

 ロケットリーグ/© 2015-2021 Psyonix Inc. All rights reserved.

■NASEF JAPANについて

North America Scholastic Esports Federation Japan。米国に拠点を置く北米教育eスポーツ連盟(NASEF)の日本本部として、2020年に設立。主に高校生や中学生に対して、ただeスポーツをさせるのではなく、学習や教育を促進するための効果的ツールとして活用し、次世代を担う生徒たちの知能向上、さらには社会性・情動性を育むソーシャル・エモーショナル・ラーニング(社会的感情学習)などをはじめとする教育を支援する団体です。日本国内では、特に高校生の成長に寄与し、社会で活躍する人材育成を支援します。

公式HP: www.nasef.jp 公式Twitter:@NASEF_Japan (https://twitter.com/NASEF_Japan)

■東京ヴェルディeスポーツについて

日本のプロスポーツチーム初の、そしてJリーグクラブ初の『eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)』参入チームとして2016年9月に設立されました。チームはサッカーゲーム『eFootball ウイニングイレブン シリーズ』(PlayStation、モバイル)『FIFA シリーズ』『ロケットリーグ』『ワイルドリフト』部門をはじめとして、複数のゲームタイトル部門で10名を超える選手が所属。

 eスポーツの全国リーグ『日本eスポーツリーグ(JeSL)2017 Summer 優勝』を皮切りに、『eJ.LEAGUEウイニングイレブン2019シーズン ベスト4』・『JAPAN eSPORTS GRAND PRIX 準優勝』など競技実績を誇る。

また、2021年にはアジア各国の代表チームで構成されたE-LEAGUE2021(ウイニングイレブン)や東京2020オリンピックの公式eスポーツイベントパートナーとしてインテル社が主催するIntel World Open ロケットリーグ大会に日本を代表して参戦を果たし、今後も国内外のリーグ参戦により国際的な活躍を目指す。

■東京ヴェルディeスポーツ公式サイト

https://www.verdy.club/e-sports

■東京ヴェルディ ブランドサイト

https://www.brand.verdy.co.jp

■愛知eスポーツ連合について

「愛知・名古屋を中心とする地域においてeスポーツの普及振興を通して 経済社会の発展に寄与する」ことを目指し、国体eスポーツ地方予選などの各種eスポーツ公式大会やビジネスイベントの主催運営などの普及活動を行う。2017年に一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)地方支部・愛知eスポーツ協会として発足。2018年2月 愛知eスポーツ連合と名称変更し、一般社団法人 日本eスポーツ連合(JeSU)により地方支部認定。2019年11月に一般社団法人化。

 (サイトURL:http://aichiesports.com/  )

[愛知eスポーツ連合 組織体制](2021年5月末時点)

名誉顧問:

大村 秀章          愛知県知事

河村 たかし      名古屋市長

鈴木 英敬          三重県知事

顧問:

寺西 むつみ 愛知県議会議員

代表理事:

片桐 正大 

[愛知eスポーツ連合 賛助会員企業](2021年5月末時点)

■賛助会員とは? 一般社団法人 愛知eスポーツ連合は、愛知を中心とする地域においてeスポーツを統括し、その普及振興を通して、経済社会の発展に寄与することを目的としております。「夢をつくる」「産業をつくる」「社会に応える」の理念に共感し、共に歩んでいける企業様と共に活動しております。2021年5月末時点で17社※1になりました。

※1:ロゴの掲出を希望しない企業様含む

■新規賛助会員の募集

愛知eスポーツ連合は、eスポーツを通してともに愛知・名古屋を牽引してくださる企業を募集しております。また、愛知県内の自治体様からのご相談も多数受けております。

eスポーツに取り組みたいと考えていらっしゃる企業様、自治体様、お気軽にご連絡ください。

本件に関するお問い合わせ:

一般社団法人 愛知eスポーツ連合 事務局(小川)

MAIL: media@nagoyaoja.com